業績向上に繋がるオフィスづくりなら PLUSOTにお任せください。 オフィス – 株式会社PLUS OT

オフィス

新しいオフィスを建てたい オフィスづくりの依頼先はどこ?オフィスのリノベーションを実施したい 土地の選び方は? 長期活用できるオフィスにしたい 採用力向上に繋がるオフィスとは? 既存の建物をオフィスとして
活用したい 新オフィスで業務開始できるまでの
スケジュールは?
業績向上に繋がるオフィスづくりなら PLUSOTにお任せください。

私共はオフィスをはじめとした働く場の新築やリノベーションのプロジェクトに携わってきました。その中で、オフィスの認識が”単なる作業場”から変わってきているのを感じます。社員がイキイキ働くことができ、社内コミュニケーションが活性化し、求職者も「ここで働きたい」と感じるような空間。そんな空間を経営者も社員も求める時代になりました。

オフィスは、そのつくり方によって「採用力向上」や「コミュニケーション活性化」、「ブランディング」など様々な経営効果を得られます。PLUSOTは業績UPに繋がるオフィスの設計を通して、お客様の業績向上に貢献していきたいと考えております。私たちはオフィスのコンセプトづくりからサポートいたします。そのコンセプトに沿った設計を行い、お客様の業績UPに繋がるオフィスをご提供します。

もちろん、オフィスの新築の設計やリノベーション等の改修・改築の設計、それに伴う施設の建物診断、内装デザインの支援も行っています。また、オフィスの建築計画に必要な資金計画、事業スケジュールやコスト調整など必要な支援も行っております。オフィスづくりは、PLUSOTにお任せください。

オフィスづくりで失敗しなたいめのポイント

経営者と施設づくりのパートナーが業績向上には何が必要か共に考え、収支計画等を検討し、最適な形でプロジェクトを進める必要があります。オフィスの建築を進める際に注意しておくべきポイントがあります。

①担当者ではなく、経営者がプロジェクトに関わる
•会社の未来をゴールに設定する。そのために「トップの想い」「経営課題と解決方法」「中長期ビジョン」の共有が必要
•経営者が最も中長期的な視点で、会社のあるべき未来の姿をとらえることができている
•中小企業であれば尚更経営者が関わる必要がある

②会社が業績アップするために必要なディスカッションを行う
•会社の将来のビジョン、経営者の想いが見えないと、予算や広さなどの制約条件がある中で、建築士が優先順位をつけることができない•建物の要件だけではなく会社を将来どうしたいのかを建築士に伝える
•ディスカッションで出てきた要素の中からオフィスで解決できる範囲で投資対効果の高い要素に投資する
•オフィスの新たな価値を見つけるため、対面で会うからこそ得られる価値をもう一度考える

③依頼者(経営者)の話に聞く耳を持つ方に依頼する
•ただビジュアルの良い施設を作る事を目的としている建築士ではなく、経営者が抱える悩みや想いをくみ取り、サポートできる建築士に相談する
•企業によって経営理念などが異なるため、建築士は施設計画に理念を反映させるために経営者の声に耳を傾け、想いを言語化し、表現する力が必要
•企業にとっての優先順位を把握して、予算や広さといった制限の中でベストな取捨選択ができることが望まれる

PLUSOTの強み

CAD

①BIMを活用したわかりやすいご提案

PLUSOTではお客様とのイメージを高い精度で共有するためにBIMデータを用い様々な角度から提案、確認をさせていただいております。

設計初期からBIMを用い視覚的に打ち合わせすることによってお客様にわかりやすく提案することに加え、提案に対してお客様からのご意見もいただきやすくなっています。 BIMベースの打ち合わせによって双方の案によって提案が磨き上げられていくことはBIMによる設計の特徴の一つです。また、BIMを活用することによってコスト管理がしやすく、また従来の設計と比較して素早くご提案も可能になります。

②スケジュール通りに進むよう管理

PLUSOTではオフィスの完成までに必要な工程、それらにかかる時間を表にして全体を把握します。計画の最初に工程計画をするということは非常に大切です。 この工程計画にのっとってお客様の施設建築をスケジュール通りに進めます。

時計
点検

③インスペクション・建物調査にも対応可能

PLUSOTではインスペクションや建物調査に対応可能です。また、設備面の建物調査も可能です。

障がい福祉施設のテナント入居等を検討されている福祉事業者様、また空き物件、土地活用を検討されている不動産会社様はぜひ弊社までお問い合わせください。 また、弊社では不動産業も取得しております。物件探しから始めたいという方もご連絡ください

店舗づくりの流れ

初回お打ち合わせ

01|初回お打ち合わせ

まずはご相談ください。
オフィスの建築を検討された背景や、お客様のご要望を聞かせてください。貴社オフィスへお伺いするか、弊社で打合せすることも可能です。また、ビデオ会議システムを活用してお打合せすることも可能です。

私たちはまず、オフィスの建築にあたり目標や将来ビジョン、経営課題、予算などをお伺いしどのようなプランニングや建築計画が良いのかを共に検討します。

※補助金の活用を検討されている場合もご状況をお伝えください。

指アイコン
現地調査

02|現地調査

障がい者グループホームや就労支援施設、生活介護・デイサービス等の障がい者施設の建築を行う上で重要なのは現地調査です。初期の現地調査では主に、「敷地調査」「役所調査」を行います。

障がい者施設を建てる場合、安全性などの問題から様々な法律や規則が設けられており、それらに従って施設設計する必要があります。そのため、この現地調査の結果次第では購入した土地に希望通りの障がい者施設を建てられない場合もあるため、注意が必要です。

※敷地調査:敷地の形状、前面道路状況や制約、上下水道や電力を引けるか等の調査

※役所調査:新築計画を進めた際に関係してくる法律等についての調査

指アイコン

03|ファーストプラン・概算金額の提示

現地調査はオフィスの新築やリノベーションを行う上で重要な調査です。初期段階では「敷地調査」、「役所調査」を中心に行います。オフィスを建てる場合、建築基準法などの法律に則り設計をしなければなりません。

そのため、この現地調査の結果次第では計画地に建物を建てられない場合があるため、注意が必要です。

※ファーストプランの作成は費用が発生します

指アイコン
設計監理契約

04|設計監理契約

お客様との間で設計監理請負契約を結びます。この時点で正式に仕事を弊社に依頼したことになります。

設計監理契約とは、建物を建築するために設計者に設計図書の作成と工事監理を依頼する契約のことです。工事監理とは設計した障がい者グループホームや就労支援施設、生活介護・デイサービス等の障がい者施設が正確に図面通りになっているかどうかを監督する業務のことを指します。

指アイコン
基本設計・実施設計・申請業務

05|基本設計・実施設計・申請業務

基本設計とは、これまでのヒアリングで抽出されたお客様のご要望を図面化する初手設計作業です。主にオフィスの基本となる間取り・デザイン・断熱・構造・設備などの仕様を検討します。

基本設計で作成した内容をもとに実際に施工会社が見積もり及び工事ができる図面の作成を開始します。施工会社は、この実施図面等をもとに見積もりを行い、オフィスをつくるため、全ての情報が盛り込まれている必要があります。建築確認申請等の許認可の申請業務にも対応いたします。

指アイコン
工事発注支援

06|工事発注支援

実施設計が完成後、リノベーション・改修工事を行う施工会社への発注業務を支援します。施工会社選定のアドバイスや施工会社から提出された見積り金額を精査し、お客様と一緒に最適な施工会社を選定します。

※特命の建設会社に依頼する方法と複数の建設会社から選定する方法があります。

指アイコン
工事監理

07|工事監理

工事が設計図面に沿って適切に行われているか、発注者の立場で厳しくチェックします。また、工程に遅れが出ていないか、様々なことをチェックします。 完成した後、実施設計図面通りに出来ているか、ミスは無いか検査を行います、その後お施主様に検査をして頂きます。 同時期に役所や消防、その他の行政検査を行います。全ての検査をクリアした上でお客様への引き渡しとなります。

指アイコン
お引渡し・アフターフォロー

08|お引渡し・アフターフォロー

現地にて、施工会社からお客様への引渡し書類の説明や保証の説明を行い、鍵のお引き渡しに立ち合います。 私たちはお引き渡し後からがお客様との本当のお付き合いが始まると考えています。PLUS OTではインスペクション(建物調査)などのご相談にも対応しております。

矢印